【GeForce NOW】ゲーミングPCがなくてもSteamなどのゲームが遊べる

【GeForce NOW】ゲーミングPCがなくてもSteamなどのゲームが遊べる

自分のパソコンでゲームをやりたいけど、低スペックだから高グラフィックのゲームができない、ゲーミングPCやゲーミングノートPCは高額で買えない・・・と悩んでいる方も少なくないと思います。

そんなあなたにピッタリなのが「GeForce Now」のクラウドゲームサービス!ゲーミングPCでなくても「GeForce Now」を使えば、Steamなどのゲームがお得に遊べます。

クラウドゲームサービスとは?

クラウドゲームサービスとは、ゲームサーバーをホストとし、ゲーム画面をビデオとしてストリーミング配信する、クラウドベースのサービスです。つまり、プレーヤーが入力した情報がサーバーに送信され、サーバーによって処理され、レンダリングされたビデオデータをプレーヤーに返送されるサービスです。

このような仕組みがあるので、クラウドゲームサービスでは提供する高性能なサーバが、ゲーミングPCの代わりにゲームを動かし、手元にあるデバイスでも気楽に高グラフィックのゲームでも遊ぶことができます。

GeForce Nowとは?

GeForce NOWは、NVIDIAが提供するクラウドゲームサービスのことです。NVIDIAはパソコンのグラフィックボードでお馴染みなので、最大限のパフォーマンスと信頼性が得られるサービスとも言えます。

GeForce NOWでは、本来Windows版でしかプレイすることができないゲームが、Macやスマホ、タブレットでもプレイすることができてしまいます。そう、スマホでもプレイできるということは、電車の中や外出先でも好きなパソコンゲームの続きができます!

ただしストリーミング配信を通してのゲームプレイですから、ある程度の速度の通信回線が必要になります。システム要件では、有線またはWi-Fi環境では15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)が必要になります。加えて1時間で処理される通信量が非常に多いので、モバイル回線でのプレイは厳しいです。できるだけWi-Fi環境ではなく、有線を使いましょう!

GeForce Nowはどんな機器でプレイできる?

GeForce Nowを利用することで、次の機器でPCゲームをプレイすることが可能です。

  • MacOS
  • Windows
  • Android
  • iPhone(safari)iPad(safari)
  • Chrome Browser

各OSのシステム要件を見てみましょう!

MacOSのシステム要件

対応端末:macOS 10.10以降

インターネット動作環境:有線または5GHzのWi-Fi環境、720p/60FPSの場合15Mbps以上の通信速度、1080p/60FPSでは25Mbps以上が必要

ハードウェア要件:2009年以降に発売されたMac

WindowsPCのシステム要件

対応端末:Windows 7以降(64bitのみ)

インターネット動作環境:有線または5GHzのWi-Fi環境、720p/60FPSの場合15Mbps以上の通信速度、1080p/60FPSでは25Mbps以上が必要

ハードウェア要件:デュアルコアx86-64 CPU (2.0GHz以上)、4GB以上のシステムメモリ、DirectX 11以降をサポートするGPU

Androidのシステム要件

対応端末:Android 5.0以降、メモリ1GB以上、OpenGL ES2.0以上のAndroidスマートフォン、Androidタブレット

インターネット動作環境:5Mbps以上の通信速度が必要

iPhone/iPadのシステム要件

対応端末:iOS 14.3以降、iPadOS 14.3以降

インターネット動作環境:5Mbps以上の通信速度が必要

Chrome Browserのシステム要件

対応ブラウザ:Google Chrome 77.x 以降

インターネット動作環境:有線または5GHzのWi-Fi環境、720p/60FPSの場合15Mbps以上の通信速度、1080p/60FPSでは25Mbps以上が必要です。

ハードウェア要件:4GB RAM 以上のほぼ全てのChromebook

まとめ

GeForce Nowは、「ゲーミングPC要らず」「インストール要らず」のクラウドゲームサービスで、低スペックのパソコンや、スマホ、タブレットからクラウドサーバーに接続してSteamなどのPCゲームがプレイできます。ゲーミングキーボードやゲーミングマウス、ゲーミングチェアもかなり値が張るので、パソコンにあまりお金を使わないというのはゲーム好きには嬉しいことですよね。GeForce Nowには、フリープランもありますので、自分が使用しているデバイスで是非試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする